埼玉医科大学病院 放射線科

HOME >> 埼玉医科大学病院 放射線科 >> 沿革 

 

 

 



放射線科公式ホームページ


 



埼玉医科大学総合医療センター 放射線科

沿革

田中教授

大学病院放射線科の歩み

埼玉医科大学病院 放射線科 教授 田中 淳司


埼玉医科大学病院放射線科は昭和49年9月1日付けで初代教授の坪郷義崇が着任して創立となりました。爾来38年、数多くの人材を輩出して現在に至っております。その間平成19年には国際医療センターが新設され、大学病院とは「陸続き」の組織として人事交流を続けつつ発展を進めています。教室創立以来今日までの教室幹部の動きを下に示します。

 

■教室人事(准教授以上、常勤者のみ)

教授

坪郷 義崇(初代教授)
1973年着任 (1987年逝去)
隣谷 義人
1986年昇任、1999年退職
宮前 達也
1986年昇任、2003年定年退職
平敷 淳子
1987年群馬大学より着任、2005年定年退職
田中 淳司
1996年獨協医大より着任(助教授)、2005年教授に昇任
土器屋 卓志
2001年着任(2007年国際医療センター開設に伴い移籍)
松田 博史
2004年着任(2007年国際医療センター開設に伴い移籍)
木村 文子
2004年東京女子医科大学より着任
(2007年国際医療センター開設に伴い移籍)
新津 守
2011年 首都大学東京放射線技術学科より着任

 

准教授

西村 克之
1988年昇任、
1995年茨城県立医療大学放射線技術学科(新設)教授に栄転
渡部 恒也
1991年東海大より着任、2001年退職
天沼 誠
2000年昇任、2005年退職
久慈 一英
2004年着任 (2007年国際医療センター開設に伴い移籍)
佃 俊二
2004年昇任、2007年退職
關根 弘
2005年着任 (2007年国際医療センター開設に伴い移籍)
鈴木 健之
2005年昇任
小澤 栄人
2005年昇任(2007年国際医療センター開設に伴い移籍)

 

関連施設と責任者

小川赤十字病院
放射線科部長 平田 壽
国立病院機構高崎総合医療センター
放射線科部長 根岸 幾

 

教室の業務の主眼は大学病院内の迅速にして正確な画像診断サービスにありますが、近年ではオンラインネットによる外部施設への画像診断サービスも行っており好評を博しています。研究面も多岐に亘りますが、従来のレントゲン写真とは全く異なるメカニズムに依る新しいX線撮像装置(位相コントラスト法、通称「スーパーレントゲン」)の開発と臨床応用は当施設が世界の先陣を切って進めているものであり、内外の注目を集めています。画像診断の分野に新しい時代が訪れようとしています。

 

位相コントラストX線

スーパーレントゲン



田中 淳司 プロフィール
1953年福岡生まれ。都立小石川高校卒業。弘前大学医学部卒、同大学院医学研究科修了。博士(医学)。
日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本IVR学会専門医。
趣味&特技:囲碁3段(日本棋院)、独検準1級、大型バイクでの長距離弾丸ツーリング(愛車はBMW R1200R)

上