埼玉医科大学病院 放射線科

HOME >> 埼玉医科大学病院 放射線科 >> 学会・研究 24年度 

 

 

 



放射線科公式ホームページ


 



埼玉医科大学総合医療センター 放射線科

学会・研究

平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度 平成25年度 平成24年度 平成23年度

平成24年度(2012)

原著論文
Kozawa E, Inoue K, Iwasa N, Fujiwara K, Yasuda M, Tanaka J, Kimura F: MR Imaging of Polypoid Endometriosis of the OvaryMagnetic resonance in medical sciences MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine, 11(3):201-4.2012

Tanaka J, Nagashima M, Kido K, Hoshino Y, Kiyohara J, Makifuchi C, Nishino S, Nagatsuka S, Momose A: Cadaveric and in vivo human joint imaging based on differential phase contrast by X-ray Talbot-Lau interferometry. Z.Med.Phys.xxx(2013, in Press), available online 6 December 2012

Nishi N, Tanaka J, Minagawa A: Cushing syndrome treated by radiofrequency ablation of adrenal gland adenoma. Jpn J Radiol. 30:274-276.2012

Aoki T, Watanabe A, Nitta N, Numano T, Fukushi M, Niitsu M: Correlation between apparent diffusion coefficient and viscoelasticity of articular cartilage in a porcine model. Skeletal Raio.l41 (9):1087-1092.2012

 

著書
新津 守:(監修)、磯辺智範(編) 「MR・超音波・眼底基礎知識図解ノート」 金原出版, 東京 全391p,2012

新津 守: 第4章 骨の外傷 「画像診断入門シリーズ 骨・軟部画像診断のここが鑑別ポイント」、改訂版 福田国彦編 羊土社、東京、p102-112,p144-147,2012

新津 守:(単著)「膝関節磁共振診断」「膝MRI」第2版中国語版 人民軍医出版、北京、全209p,2012

 

総説、解説
柳澤 修、新津 守:骨格筋の測定法としての画像評価の有用性と展望 INNERVISION 27(3):2-6,2012

 

学会発表
田中 淳司、新津 守、井上 快児、平塚 真生子、百生 敦、永島 雅文、木戸 一博: 光子の吸収に依存しないX線撮像法:汎用X線管球を用いたTalbot-Lau干渉計による人体の撮像. 第71回日本医学放射線学会学術総会 2012.4.12-15.横浜

久慈 一英,今林 悦子,島野 靖正,瀬戸 陽,伊藤 公輝,伊藤 邦泰,松田 博史: FDG-PET/CT検査時の血管迷走神経反射による副腎高集積. 第71回日本医学放射線学会総会 2012.4.14.横浜

進藤 靖史、秋山 雄次、織田 弘美、田中 淳司、三村 俊英、他: Phase Contrast Radiography(PCR)と単純X線からみた2010ACR/EULARの関節リウマチ(RA)分類新基準における診断率の比較. 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 2012.4.26-28.品川

赤羽 明、渡辺 修一、森 茂久、芝崎 智美、鈴木 健之、飯塚 裕幸、荒木 信夫: 放射線に関する医学生の意識・理解度調査. 第44回日本医学教育学会大会 2012.7.27.横浜

宮島 剛、河野 慎次郎、田中 淳司、他: Phase Contrast Radiographyの骨強度評価への応用—cut off pointの設定. 第14回日本骨粗鬆症学会 2012.9.27-29.新潟

Sekine H, Kamehira C, Kobayashi A, Takagi S, Suzuki K: Virtual computer simulation of skin erythema during and after breast conserving therapy using generalized LQ model.ASTRO 54th Annual Meeting. 10.28.2012. Boston

Okada Y, Nishi N, Kozawa E, TogawaO, YamaguchiH, KimuraF, TanakaJ:Benign Non-tumorous Disorders Mimicking Pancretobiliary Malignancy: A Radiologic Approach to Differential Diagnosis (educational exhibit). RSNA 98th Scientific Assembly and Annual Meeting. Nov.25-29.2012.Chicago

Tanaka J, Momose A, Niitsu M, Ushimi T, Nagashima M, Nagatsuka S, et al: New Imaging Method based on Talbot-Lau X-ray Interferometry: Results from Preliminary Study on Finger Joints (scientific paper). RSNA 98th Scientific Assembly and Annual Meeting. Nov.25-29.2012.Chicago

Inoue K, Kozawa E, Niitsu M, Yasuda M, Kato T, Fujiwara K, Kimura F: Usual and unusual MR imaging findings of hormonal functioning ovarian mass: Radiologic -pathologic correlations. RSNA 98th Scientific Assembly and Annual Meeting. November 2012.Chicago

Momose A, Yashiro W, Kido K, Endo T, Nagashima M, Tanaka J., et al: X-ray Phas e Imaging from Synchrotron to Hospital. The Royal Society Event: Taking X-ray Phase Contrast imaging into mainstream applications. Feb.2013.London

Ushimi T, Inoue K, Kozawa E, Tanaka J, Niitsu M: The dose of contrast medium should be determined on the basis of estimated lean body weight (LBW) instead of the body weight--Excessive amounts are currently given to females. 25th ECR, March 6-11.2013.Vienna

 

教育講演ほか
新津 守:特別講演 「膝関節のMRI診断」.第2回大阪脳神経・骨軟部画​像勉強会 2012.6.1.大阪.

新津 守:教育講演 「関節の画像診断-膝関節MRI、超音波を中心に-」.第30回埼玉医科大学整形外科教育研修講演会 2012.6.2.東京

新津 守:講演 「関節・骨軟部領域」.第13回MR入門講座 2012.6.9東京

新津 守:特別講演 「関節MRI撮像のコツと主要疾患」.第15回茨城MRIカンファレンス 2012.6.22.つくば

新津 守:特別講演 「膝MRI診断」.第14回秋田県下肢の外科勉強会 2012.9.1.秋田

新津 守:教育講演 「膝関節のMRI:読影の基本」.第40回日本磁気共鳴医学会 2012.9.6.京都

新津 守:特別講演 「膝のMRI診断」.東京都臨床整形外科医会多摩ブロック研修会 2012.10.18.吉祥寺

田中 淳司:放射線過敏症について考える.第14回埼玉県放射線科医会特別講演 2012.11.10.さいたま

新津 守:シンポジウム 「膝のスポーツ外傷と障害:MRI診断」.第32日本画像医学会 2013.2.23.東京

田中 淳司:最近のICRP勧告からの医療放射線安全を考える.第34回「医療放射線の安全利用」フォーラム パネルディスカッション 2013.3.1江戸川

 

上