埼玉医科大学病院 放射線科

HOME >> 埼玉医科大学病院 放射線科 >> 学会・研究 25年度 

 

 

 



放射線科公式ホームページ


 



埼玉医科大学総合医療センター 放射線科

学会・研究

平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度 平成23年度 平成24年度 平成23年度

平成25年度(2013)

原著論文
Mitsuda M, Yamaguchi M, Nakagami R, Furuta T, Sekine N, Niitsu M, Moriyama N, Fujii H: Intensity correction method customized for multi-animal abdominal MR imaging with 3T clinical scanner and multi-arraycoil. Magn Reson MedSci 2013; 12(2):95-103.

Momose M, Yashiro W, Kido K, Kiyohara J, Makifuchi C, Ito T, Nagatsuka S, Honda C, Noda D, Hattori T, Endo T, Nagashima M, Tanaka J:X-ray phase Imaging---from Synchrotron to Hospital. Philosophical Transactions of the Royal Society A: Mathematical, Physical and Engineering Sciences 2013; 1-8.

Yamaguchi M, Mitsuda M, Ezawa K, Nakagami R, Furuta T, Sekine N, Niitsu M, Moriyama N,Fujii H: Artifact-Reduced  Simultaneous MRI of Multiple Rats With LiverCancer Using PROPELLER. Journal of Magnetic Resonance Imaging 2013; 38:225-230.

Nagashima M, Tanaka J, Kiyohara J, Makifuchi C, Kido K, Momose A: Application of X-ray grating interferometry for the imaging of joint structures. AnatSci Int. (2014) 89:95-100. Published online: 01 October 2013.

Ohta M, Kobayashi M, Wakiya K, Takamizawa S, Niitsu M, Fujimaki T: Preoperative assessment of hemifacial spasm by the coronal heavily T2-weighted MR cisternography. Acta Neurochir (2014) 156:565-569. Published online: 19 November 2013.

宮島剛, 河野慎次郎, 田中伸哉, 金潤澤, 田中淳司, 小澤栄人, 織田弘美, 他:Phase Contrast Radiography の骨強度評価への応用.Osteoporosis Japan 2013; 21(2):375-379.

 

著書
Mamoru Niitsu: Magnetic Resonance Imaging of the Knee. Springer GmbH, Heidelberg, Germany 2013; total 204p,

新津守「膝関節磁共振診断」「膝MRI」第2版中国語版 人民軍医出版, 北京2012;全209p,

田中淳司, 五味敏昭, 岸清(編), 木村明彦, 他(共著):「解剖学---コメディカルのための専門分野基礎テキスト」 第2版中外医学社, 東京 映像解剖2013;(4月) p310-328.

 

総説、解説
新津守: 膝関節:画像診断トレーニング 整形外科Surgical Technique 2013; 3(2): 83-85.

田中淳司: ICRP. Publication 117 について医療放射線防護 2013; 65: 38-39.

新津守:膝関節痛(特に膝窩部痛) 臨床画像 2013; 29(10) 増刊号, 203-207.

新津守:関節画像診断エトセトラ -膝関節, MRIを中心に 埼玉県放射線科医会誌 2013; 8(8): 2-7.

田中淳司:放射線過敏症について考える.埼玉県放射線科医会誌 2013; 8(8): 8-10.

田中淳司:スーパーレントゲンとは~その期待される効力~ 難病と対策ケア 2013;  Vol.19 (7): 43-45.

田中淳司:小児期および青年期に受けたX線CTによる発癌リスク:オーストラリアにおける1100万人規模の追跡調査の結果について.医療放射線防護 2013;67:48-49.

田中淳司:最近のICRP勧告から医療放射線安全と医療被ばくを考える:特集, 第34回「医療放射線の安全利用」フォーラム<テーマ:福島原発事故から医療被ばくを考える. 医療放射線防護 2013;67:20-22.

田中淳司:ICRP. Publication 117について.医療放射線防護 2013; 65:38-39.

新津守:膝の画像診断―MRIの撮像方法と初歩的読み方. 整形外科 2013; 64(13): 1419-1423.

 

学会発表
田中淳司, 新津守, 牛見尚史, 井上快児, 大澤威一郎, 織田弘美, 三村俊英, 永島雅文, 星野嘉秀, 木戸一博: X線Talbot-Lau干渉計撮影装置による関節リウマチ患者の撮影.第72回日本医学放射線学会学術総会2013.4.11-14. 横浜

大澤威一郎, 井上快児, 平塚真生子, 牛見尚史, 新津守, 田中淳司: Neurolymphomatosis (discusser).第343回東京レントゲンカンファレンス 2013.4.25.東京

大澤威一郎, 平塚真生子, 井上快児, 牛見尚史, 新津守, 田中淳司, 金玲, 茅野秀一, 佐々木惇: クリプトコッカス髄膜脳炎.第33回神経放射線ワークショップ 2013.6.28.琴平

大澤威一郎, 井上快児, 平塚真生子, 牛見尚史, 新津守, 田中淳司, 金玲, 茅野秀一, 佐々木惇: 腸間膜出血を生じたsegmental arterial Medio lysisと考えられる2症例.第20回埼玉画像フォーラム 2013.8.31.埼玉.

橋本利恵子, 市川隆史, 紀陸剛志, 栗田京助, マシュー・ニールセン, 新津守:gagCESTの基礎的検討第一報.第41回日本磁気共鳴医学会大会 2013.9.19. 徳島

栗田京助, 市川隆史, 橋本利恵子, 紀陸剛志, マシュー・ニールセン, 新津守:gagCESTの基礎的検討第二報.第41回日本磁気共鳴医学会大会 2013.9.19. 徳島

高橋正洋, 小澤栄人, 田中淳司, 渡部進一, 井上勉:3 テスラMR 装置によるDiffusion Tensor Imaging を用いた正常健常者および慢性腎障害患者の評価検討.第41回日本磁気共鳴医学会大会 2013.9.20. 徳島

俵紀行, 大西貴弘, 丸山克也, 新津守, 川原貴:3.0T-MRI装置を用いた骨格筋T2算出における高速撮像法の活用に関する比較評価.第41回日本磁気共鳴医学会大会 2013.9.20. 徳島

青木孝子, 新田尚隆, 古川顕, 渡辺淳也, 新津守:膝関節軟骨の物理特性とT2.第41回日本磁気共鳴医学会大会 2013.9.20. 徳島

紀陸剛志, 市川隆史, 采澤大志, 新津守:Ultra-short TE シーケンス(UTE, PETRA)の比較・検討.第41回日本磁気共鳴医学会大会 2013.9.20. 徳島

鈴木健之:肝細胞癌における下大静脈腫瘍塞栓に対する放射線治療.第26回日本放射線腫瘍学会学術大会 2013.10.18.青森

大澤威一郎, 渡部渉, 長田久人, 大野仁司, 栁田ひさみ, 河辺哲哉, 本田憲業, 土屋一洋:低血糖脳症により拡散強調像で錐体路と脳梁膨大部に可逆性高信号域を認めたインスリノーマの1例.第444回日本医学放射線学会関東地方会定期大会.2013.12.21.東京

大澤威一郎, 本田憲業:心臓原発悪性リンパ腫の1例.第43回埼玉核医学研究会.2014.3.15. 埼玉.

平塚真生子:術後進行性脊髄空洞症の術後, 空洞縮小と同時にGowersintrasyringal hemorrhage様変化が疑われた症例 第43回日本神経放射線学会 2014.3.22.米子

「スーパーレントゲン」~影絵ではない新しいX線撮像技術の開発と臨床応用~
田中淳司 第11回静岡県東部放射線マネジメントセミナー特別講演 2014.3.2 ホテル沼津キャッスル

Momose A, Yashiro W, Kido K, Endo T, Nagashima M, Tanaka J., et al: X-ray Phase Imaging from Synchrotron to Hospital. The Royal Society Event: Taking X-ray Phase Contrast imaging into mainstream applications. Feb.2013, London.

Ushimi T, Inoue K, Kozawa E, Tanaka J, Niitsu M: The dose of contrast medium should be determined on the basis of estimated lean body weight (LBW) instead of the body weight--Excessive amounts are currently given to females.25th ECR, March 2013, Vienna

Tawara N, Ohnishi T, Maruyama K, Jellus V, Tamura N, Takahashi H, Niitsu M, Hoshikawa A, Nakajima K, Okuwaki T, Kawahara T: Detectability of exercise-induced muscle activities of abdominal oblique muscle using muscle functional MRI. The 21th Annual meeting and Exhibition of International Society for ISMRM, April 2013, Salt Lake City, Utah, USA

Tanaka J, Nagashima M, Kido K, Hoshino Y, Kiyohara J, Makifuchi C, Nishino S, Nagatsuka S, and Momose A: Cadaveric and in vivo human joint imaging based on differential phase contrast by X-ray Talbot-Lau interferometry. CARS (Computer Assisted Radiology and Surgery) 2013, the 27th International Congress and Exhibition. June 2013, Heidelberg, Germany

Tanaka J, Niitsu M, Ushimi T, Inoue K, Osawa I, Oda H, Mimura T, Nagatsuka S, Kido K,Hoshino Y, and Momose A: Development of a New Device with an X-ray Phase Contrast Imaging Technology. Preliminary Study on Knee Joints. The 99th Annual Meeting of Radiological Society of North America (RSNA), December 2013, Chicago, USA.

 

講演(招待講演、特別講演、教育講演等)
新津  守: シンポジウム 「膝のスポーツ外傷と障害:MRI診断」
第32日本画像医学会(東京)2月23日, 2013

新津  守: 特別講演 「膝MRIの基礎」
第7回埼玉西部画像診断医学セミナー(川越) 5月25日, 2013

新津  守: 講演 「関節・骨軟部領域」
第14回MR入門講座 (京都) 6月1日, 2013
新津  守: 教育講演 「スポーツ医学における画像診断:MRI診断-膝関節を中心に-」
2013日本医学放射線専門医会ミッドサマーセミナー (神戸) 7月21日, 2013

新津  守: 教育講演 「単純X線写真からの読影のコツ-膝関節-」
第24回日本骨・軟部放射線診断セミナー (東京) 8月3日、2013

新津  守: 特別講演 「膝のMRI 読影の留意点」
第17回東部放射線研究会 2013.11.16.福山

 

上