埼玉医科大学病院 放射線科

HOME >> 埼玉医科大学病院 放射線科 >> 学会・研究 26年度 

 

 

 



放射線科公式ホームページ


 



埼玉医科大学総合医療センター 放射線科

学会・研究

平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度 平成25年度 平成24年度 平成23年度

平成26年度(2014)

原著論文
Tasaki A, Nimura A, Nozaki T, Niitsu M, Morita W, Yamakawa A, Hoshikawa Y, Akita K: Quantitative and qualitative analyses of subacromial impingement by kinematic open MRI. Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy.2014 Feb 9. [Epub ahead of print]

Nakagami R, Yamaguchi M, Ezawa K, Kimura S, hamamichi S, Sekine N, Furukawa A, Niitsu M, Fjii H :Recovery Correction Technique for NMR Spectroscopy of Perchloric Acid Extracts using DL-valine-2,3-d2:Validation and Application to 5-Fluorouracil-induced Brain Damage. Magn Reson Med Sci 2014; Vol.13, No.3:145-153.

Koshiba M, Kakei H, Honda M, Karino G, Niitsu M, Miyaji T, Kishino H, Nakamura S, Kunikata T, Yamanouchi H: Early-infant diagnostic predictors of the neuro-behavioral development after neonatal care. Behav Brain Res. 2015;1(276):143-50.

Koshiba M, Kakei H, Honda M, Niitsu M, Nakamura S, Kunikata T, Yamanouchi H. Early-infant diagnostic predictors of the neuro-behavioral development after neonatal care.Behavioural Brain Research 06/2014; DOI:10.1016/j.bbr.2014.05.054

 

著書
坂井建雄, 新津守(共著):「MRI断層解剖アトラス 3Dで見る骨と筋(CD-ROM)」第2版日本医事新報社, 東京 2014;全161p,

新津守:「骨軟部画像診断スタンダード・脂肪腫 弾性線維腫」青木純, 青木隆敏, 上谷雅孝, 江原茂, 神島保, 杉本英治, 福田国彦, 藤本肇(編)メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京 2014;p142-147,

 

総説、解説
新津守:関節MRIの最近の動向.INNERVISION 2014;Vol.29,No.342付録 磁遊空間4-6.

新津守:最近のMRI「ブラックボックス」化を憂う.MEDIX 2014; Vol.61, 2-3.

新津守・青木孝子 臨床の視点から評価する新しい撮像技術の有用性と課題 musculoskeletal MRI (T1ρとGAG-CESTを含めて) INNERVISION 2014;Vol.29 (9): 32-35.

田中淳司:CTの被曝による発癌のリスクに対する患児の保護者の知識についての調査.医療放射線防護2014.1; 68:68.

 

学会発表
Tanaka J, Momose A: Feasibility of innovative X-ray grating interferometry which does not depend on a synchrotron: our first clinical results (invited lecture) XNPIG/IMXP, Dorint Sporthotel in Garmisch-Partenkirchen, Germany, 2014.1.21-24.

Nakagami R, Yamaguchi M, Hamamichi S, Ezawa K, Furukawa A, Niitsu M, Fujii H: Identification of new markers for diagnosing 5-fluorouracil chemotherapy-induced brain damage using ultra-high field 1H-MR spectroscopy
26th European Congress of Radiology (ECR), March 2014, Vienna, Austria

Tawara N, Washiyama E, Ohnishi T, Niitsu M, Hoshikawa A, Nakajima K, Okuwaki T, Kawahara T: Changes of transverse relaxation time (T2) of the exercised skeletal muscle by ultrafast imaging. 26th European Congress of Radiology (ECR), March 2014, Vienna, Austria

Tawara N, Washiyama E, Ohnishi T, Niitsu M, Hoshikawa A, Nakajima K, Okuwaki T, Kawahara T: Complications related to repetition time during the measurement of muscle T2 in 3.0 Tesla. The 18th Annual Scientific Meeting of Korea Society for Magnetic Resonance in Medicine (KSMRM), March 2014 Seoul, Korea.

Aoki T, Niitsu M, Kurita K, Hashimoto R, Watanabe S and Tanaka J: Improved detection of the glycosaminoglycan chemical exchange saturation transfer (GAG-CEST) effect in human knee cartilage at 3T. The 100th Annual Meeting of Radiological Society of North America (RSNA), Dec. 2014, Chicago, USA.

Tanaka J, Niitsu M, Ushimi T, Inoue K, Oda H, Mimura T, Nagatsuka S, Hoshino Y, Kido K, Momose H. Clinical evaluation of a new X-ray imaging system based on Talbot-Lau interferometry: comparison of patients with rheumatoid arthritis to healthy volunteers. 27th European Congress of Radiology (ECR), March 2015, Vienna, Austria

Ushimi T, Tanaka J, Niitsu M,Inoue K, Kozawa E: Should the dose of contrast medium be determined by total body weight? Evaluation of lean body mass. 第73回日本医学放射線学会学術総会2014.4.10-13.横浜

Tanaka J, Niitsu M, Ushimi T, Inoue K, Osawa I, Oda H, Mimura T, Nagatsuka S, Kido K, Momose A: New imaging system based on X-ray Talbot-Lau interferometry: Results from a clinical study. 第73回日本医学放射線学会学術総会2014.4.10-13.横浜

大澤威一郎, 本田憲業:心臓原発悪性リンパ腫の1例.第43回埼玉核医学研究会.2014.3.15. 埼玉.

平塚真生子:術後進行性脊髄空洞症の術後, 空洞縮小と同時にGowersintrasyringal hemorrhage様変化が疑われた症例 第43回日本神経放射線学会 2014.3.22.米子

吉岡浩之, 織田弘美, 金潤澤, 田中伸哉, 丸山崇, 三村俊英, 秋山雄次, 田中淳司: Talbot-Lau干渉計装置を利用した画像診断についての検討 早期関節リウマチ患者の画像診断を中心に. 第58回日本リウマチ学会総会学術総会 2014.4.24-26. 東京

Phase Contrast Radiography による骨粗鬆症に対する薬物治療効果の判定
宮島 剛、田中伸哉、河野慎次郎、金 潤沢、田中淳司、小澤栄人、織田弘美
日本骨形態計測学会 2014.6.12-14 さっぽろ芸文館

青木孝子, 川口拓之, 渡部進一, 采沢大志, 栗田京助, ニールセン マシュー, 新津守:gag-CESTにおける血流の影響.第42回日本磁気共鳴医学会大会.2014.9.19.京都

渡辺崇広, 青木孝子, 栗田京助, 橋本利恵子, Nielsen Matthew, 新津守:gag-CESTにおける撮像パラメータ(ショット数)の検討.第42回日本磁気共鳴医学会大会.2014.9.19.京都

明田川尚宏, 青木孝子, 栗田京助, 橋本利恵子, Nielsen Matthew, 新津守:軟骨下骨評価のためのUTEシーケンスによるT2 star mappingの検討. 第42回日本磁気共鳴医学会大会.2014.9.20. 京都
 
加藤和之, 横瀬正知, 立花美紀, 原田邦明, 森分周子, 新津守:3T/1.5TワイドボアMR装置における成人股関節屈曲外転位撮像の検討. 第42回日本磁気共鳴医学会大会.2014.9.18. 京都

表紀行, 大西貴弘, 新津守:筋機能的MRIを用いた運動に誘発された体幹部腹斜筋の筋活動検出の試み. 第42回日本磁気共鳴医学会大会.2014.9.18.京都

半谷美夏, 奥脇透, 土肥美智子, 齋藤久美, 小泉圭介, 中本亮二, 三浦陽輔, 新津守, 中嶋耕平, 金岡恒治, 松田直樹, 俵紀行, 川原貴:アスリートの仙腸関節障害と他覚所見との関係.第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会.2014.11.8.東京

鈴木健之:デジタルカメラを用いた放射線皮膚炎半定量評価の可能性:カメラ性能による影響の検討.日本放射線腫瘍学会第27回学術大会.2014.12.11.横浜

 

講演(招待講演、特別講演、教育講演等)
大澤威一郎:「低血糖脳症の1例」
第51回川越・東入間画像診断研究会.2014.1.16. 東入間医師会会館 埼玉

新津  守: 特別講演 「膝のMRI診断」
第13回 山形デジタル画像セミナー 2014.3.8.山形

Niitsu M: MR examination of the knee、ligaments.
第73回日本医学放射線学会学術総会2014.4.10-13.パシフィコ横浜

新津  守: 特別講演 「関節MRIの最近の動向」
Hi Advanced MRセミナー 2014.5.24.東京

新津  守: 特別講演 「膝と肩のMRI、エッシェンシャル」
第49回和歌山画像医学研究会 2014.7.12.和歌山

新津  守: 特別講演 「MRI検査の安全性」
東京医科大学MRI学術講演会 2014.7.15.東京

新津  守: 教育講演 「基礎から学ぶ骨軟部:脊椎」
第25回日本骨軟部放射線診断セミナー 2014.8.2.札幌

新津  守: 特別講演 「知っておきたい膝関節のCommon Disease」
静岡県総合画像診断研究会 東部分科会 夏季セミナー 2014.8.29.沼津

青木孝子:ワークショップ「変形性膝関節症と早期診断の重要性」
第24回日本保健科学学会学術集会 2014.9.27 東京

新津  守: シンポジウム 「腱靭帯付着部症の画像診断」
第42日本関節病学会 2014.11.7.東京

 

上