埼玉医科大学病院 放射線科

HOME >> 埼玉医科大学 国際医療センター 核医学科 ご挨拶 

 

 

 



核医学公式HP


 



埼玉医科大学総合医療センター 放射線科

ご挨拶

久慈教授 核医学に興味のある医学生諸君、医療関係者の皆様へ

核医学科のホームページへようこそ!

埼玉医科大学医学部教授
国際医療センター核医学科 診療部長
久慈 一英


 私たちは、埼玉医科大学国際医療センターと埼玉医科大学病院で臨床核医学を専門として診療しています。核医学は、放射線医学の中でも放射線同位元素が含まれた放射性医薬品を扱う医学分野であり、生体内での薬物動態や代謝を利用して画像化や治療を行う、とても専門性が高い分野です。東日本大地震後の福島第一原発事故で放射能の負の面が大きく取り上げられましたが、臨床核医学は人類が放射能を利用するようになって以来、放射能を医学的に有効利用することを実践してきた歴史があります。放射性物質の性質によって、診断分野のみならず治療分野に及びます。大きく分けて、診断ではシンチグラフィ、SPECTとPETがあり、さらに核医学治療があります。もともと、歴史的に日本には核医学を専門とする講座が少なかったのですが、最近PET検査の普及が急速に進んでおり、核医学治療の分野も広がりつつあるため、全てを管理できる高度な経験と知識を備えた核医学専門医が不足しています。当大学は、診療科として首都圏でも数少ない核医学科が独立している大学病院であるため、核医学の全分野を専門的に高いレベルで網羅しています。核医学自体は、学際分野でもあり、放射線科以外の種々の臨床分野と関係があります。当科では、放射線科専門医の基本分野の上にサブスペシャリティとして核医学を位置づけていますが、多くの臨床科との協力の下で診療を行っています。我々は、埼玉医科大学病院と国際医療センターの核医学診療を一体的に運用しています。

骨 国際医療センターでは高性能PET/CT装置を有し、医用サイクロトロンで種々のPET製剤を製造することができます。核医学は、分子画像医学とも呼ばれ、臓器の機能を分子レベルで診断や治療することができます。また、SPECT/CT装置にて高精度のSPECT診断を行っています。核医学治療では、バセドウ病のI-131治療、骨転移疼痛緩和治療のSr-89治療、悪性リンパ腫のY-90-ゼバリン治療を行っています。

 埼玉医科大学国際医療センターと埼玉医科大学病院では、核医学診断と治療に関して、ほぼ全ての領域をカバーしており、先進的臨床研究や新薬臨床試験に参加しています。首都圏で核医学を体系的に網羅して学べる大学は少ないのが実状です。また、核医学症例数は2012年度実績で2病院で計8,664件と国内随一となっています。核医学スペシャリストを志す諸君は、是非一緒に新しい核医学の道を切り開きましょう。

 

 



久慈 一英 プロフィール
1964年東京生まれ。都立立川高校卒業。金沢大学医学部卒、同大学院医学研究科修了。博士(医学)。
日本核医学会核医学専門医、日本核医学会核医学PET認定医、日本医学放射線学会放射線診断専門医、第1種放射線取扱主任者免許
趣味&特技:硬式テニス(本格派)、ハイキング、自然探索

上