埼玉医科大学病院 放射線科

HOME >> 埼玉医科大学 国際医療センター 放射線腫瘍科 >> 学会・研究 28年度 

 

 

 



腫瘍放射線公式HP


 



埼玉医科大学総合医療センター 放射線科

学会・研究

平成28年度 平成27年度 平成26年度 平成25年度 平成24年度 平成23年度

平成28年度(2016.4〜)

原著論文

  1. Tatsuya Ohno, Masaru Wakatsuki, Dang Huy Quoc Thinh, Ngo, Thanh Tung, Dyah Erawati, Nana Supriana, C.R. Beena Devi, Shingo Kato, Kullathorn Thephamongkhol, Yaowalak Chansilpa, Miriam Joy C. Calaguas, Xu Xiaoting, Cao Jianping, Parvin Akhter Banu, Chul-Koo Cho, Kumiko Karasawa, Takashi Nakano, Hirohiko Tsujii. Concurrent chemoradiotherapy for T3-4 and N0-1 nasopharyngeal cancer: Asian multicenter trial of the Forum for Nuclear Cooperation in Asia. JRR, 57(1): 44-49, 2016.
  2. Tomoaki Tamaki, Shin-ei Noda, Tatsuya Ohno, Yu Kumazaki, Shingo Kato, Takashi Nakano. Dose volume histogram analysis of composite EQD2 dose distributions using the central shielding technique in cervical cancer radiotherapy. Brachytherapy, 15: 598-606, 2016.
  3. Hideyuki Mizuno, Shigekazu Fukuda, Akifumi Fukumura, Yuzuru-Kutsutani Nakamura, Cao Janping, Chul-Koo Cho, Nana Supriana, To Anh Dung, Miriam Joy Calaguas, C.R. Beena Devi, Yaowalak Chansilpa, Parvin Akhter Banu, Masooma Riaz, Surya Esentayeva, Shingo Kato, Kumiko Karasawa, Hirohiko Tsujii. Multicentre dose audit for clinical trials of radiation therapy in Asia. 2017. in press.
  4. Kosugi T, Shikama N, Saito T, Nakamura N, Nakura A, Harada H, Wada H, Nozaki M, Uchida N, Nakamura K. A Nationwide Survey in Japan of Palliative Radiotherapy for Bleeding in Gastrointestinal and Genitourinary Tumor Patients. World J Oncol. 2016; 7(2-3): 29-33
  5. Shikama N, Kumazaki Y, Miyazawa K, Miyaura K, Kato S, Nakamura N, Kawamori J, Shimizuguchi T, Saito N, Saeki T: Symptomatic Radiation Pneumonitis After Accelerated Partial Breast Irradiation Using Three-dimensional Conformal Radiotherapy. Anticancer Res. 2016 May;36(5):2475-9.

 

総論、著書

  1. 鹿間直人, 宮沢一成: 早期乳癌に対する加速乳房部分照射(APBI)──安全で利便性の高い照射の開発に向けて…. 医学のあゆみ(歯薬出版株式会社)Vol.257 №1. 257: 69-71, 2016.
  2. 鹿間直人: 第3章治療 B.乳法切除術後(進行乳癌). 乳腺腫瘍学第2版(金原出版). 303-307, 2016.
  3. 鹿間直人, 福田護: 第4章 放射線治療法2016-2017. これからの乳癌診療(金原出版). 81, 2016.
  4. 熊﨑祐, 他:放射線治療物理学 第4章第6節第1項〜第3項・第5項(日本医学物理学会監修), 国際文献社, 2016.
  5. 熊崎祐, 他:(編集:公益社団法人 日本放射線腫瘍学会)外部放射線治療におけるQuality Assurance(QA)システムガイドライン 2016年版, 金原出版株式会社, 2016.
  6. 加藤眞吾熊崎祐. 3.7 小線源治療(Brachytherapy), 新版 放射線医科学-生体と放射線・電磁波・超音波-. p 102-104, 医療科学社.東京、2016.
  7. 戸板孝文、青木昌彦、生島仁史、磯橋文明、宇野 隆、大野達也、加藤眞吾、金安祐子、野田真永.婦人科,放射線治療計画ガイドライン2016年版.日本医学放射線学会編.pp 251-274. 金原出版.東京.2016.
  8. 鹿間直人:(編)公益社団法人日本放射線腫瘍学会.V.皮膚癌(章「血液・リンパ・皮膚・骨・軟部」)放射線治療計画ガイドライン2016年版,(金原出版)306-310 , 2016.
  9. 宮澤一成:乳がんと放射線誘発二次がんについて乳癌の臨床(篠原出版新社)31(2): 87-91, 2016.
  10. 宮澤一成鹿間直人加藤眞吾:前立腺癌に対する定位放射線治療の現状と課題Rad Fan(株式会社メディカルアイ)14(14):37-40, 2016.
  11. 塚本信宏、日戸諒一、鈴木健太郎、熊﨑祐: Rad Fan 14(14):91, 2016.

上